センター紹介

浪越指圧の発展とともに
歩み続ける
伝統ある指圧治療院

母親が痛むという場所をなでたり、さすったり、
たたいたり、もんだり、圧したり…。

その中で、指で圧すと痛みが和らぐことを、
子ども心にも知った浪越徳治郎は、
のちにこの指で圧す技術で多くの病に苦しむ人々を救うために、
指圧学校の設立にあたりました。

学校敷地内にある浪越指圧治療センターもまた、
浪越徳治郎が設立した指圧治療院です。

日本指圧専門学校で3年間、近代医学、治療技術等を学び、
指圧師の国家免許を取得した
浪越指圧の伝統を継承する治療師が
皆様をお待ちしています。

基本情報

名称・・・浪越指圧治療センター
院長・・・浪越 雄二
営業時間・・・午前10時〜午後8時(午後7時最終受付)
休業日・・・年中無休(年末年始・2月11日を除く)
所在地・・・東京都文京区小石川2-15-6 (日本指圧専門学校 本校舎内)
従業員数・・・7名
創立・・・1940年(昭和15年)
運営・・・学校法人浪越学園(理事長:浪越和民)
※当院は実習施設ではありません

指圧の持つ価値に忠実に
業界や社会への
貢献をめざす

指圧は、薬や器具を用いず、 正しく行えば原則として副作用のない、体に優しい治療法であり、 同時に、病名・疾患名の有無にかかわらず役立てられる健康法です。

特別な設備も必要とせず様々な場所で、若い方からお年寄りまでを対象に、 人と人とのあたたかな触れ合いの中で、 様々な形でお役に立つことができます。

その特徴を生かすため、さらに、その良さがますます広まっていくために。 当院のスタッフは、通常の院内での施術に加え、

  • ・ファミリー指圧教室の講師
  • ・スポーツ関連施設でのケア施術
  • ・海外から指圧を学びに来る方へのお手伝い
  • ・地域イベント等でのボランティア指圧

などの活動も行なっています。

運営者と施設

信頼の浪越学園が運営

圧倒的な実習量と、充実の医学系授業で、指圧師を輩出し続ける学校法人浪越学園が運営。厚生労働省認定の学校法人により、学校敷地内にてしっかりとした基盤で運営されており、安心してご利用いただけます。

地域とともに歩む治療院

歴史と文化の地、文京区小石川に位置し、地域とともに歩んでまいりました。近隣の皆様にはぜひ気軽に足を運んでいただき、ご活用いただければと思います。周辺は徳川家ゆかりの伝通院を始めとした趣のあるエリアです。遠方からもぜひ足をお運びください。

2013年改装の清潔な設備

安心して快適にご利用いただけるよう、環境面にも気を配っています。2013年には内部を全面リニューアル。マット、タイル類や治療着の衛生にも配慮し、「浪越指圧治療センターなら安心」と言っていただけるような環境を目指しています。