指圧について

手を使って行う治療法には、西洋ではマッサージが、東洋ではあん摩がありますが、そのなかで「指圧」は日本で独自に発展してきた歴史があります。

指圧は、垂直で持続的な圧と、運動操作によって、全身的に施術を行うのを特徴としています。病気の予防、健康維持、対症治療に効果のある手技療法です。

指圧を受ける人の体の状態に応じて、施術の姿勢・圧加減・テンポ・強弱など、手指を操作しながら、からだの中枢から末梢へと遠心性にそった施術を行っていきます。

年齢・性別を問わず、幅広い症状・体質の方にお役立ていただける、心と体に優しい治療法・健康法です。

あん摩・マッサージとの違い

あん摩とは?

あん摩(按摩)は、中国で発達した手技療法が、日本に渡来してきたものです。
“按”はおす、”摩“はなでるという意味で、手でもんだり、さすったり、たたいたり、ふるわせたりして行う手技療法で、からだの中枢から末梢へと、遠心方式によるからだへの刺激を与え、血液のながれをを良くし、皮膚や筋肉を正常化させ、疲労を回復させることを目的としています。

マッサージとは?

マッサージは、古代インドからエジプト、ギリシャを経て、ヨーロッパで発達した手技療法です。
マッサージは、オイルやタルクをつけて、もむ、さする、たたくなど、からだの末梢から中枢へと施術を行います。
わが国に、西洋式マッサージが入ってきたのは、明治20年(1887年)頃といわれています。
日本で現在行われているマッサージは、あん摩と結びついて日本式マッサージとして、あん摩と同じように、疲労回復、健康増進、リハビリなどのための手技として普及してきました。