スタッフ紹介

当センターでは、日本指圧専門学校で指圧の技と心を学んだ経験豊かなスタッフが、みなさまを担当いたします。
全員、厚生労働省による「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」による国家資格を所有しています。
体の痛みや不調などでお悩みの方は、どうぞ気軽にお立ち寄りください。
指圧師のご指名も承っております。

院長
浪越 雄二 なみこし ゆうじ

現代社会はストレス社会と言えます。そのストレスを遠ざける秘訣として「健康五原則」というものがあります。
それは、一.快食(食事) 二.快眠(睡眠) 三.快通(便通) 四.快働(仕事) 五.快笑(笑い)です。
これらを維持していく為には、指圧が必要不可欠であると、私は考えます。

祖父の浪越徳治郎が母の関節リウマチを「手当て」することから始まった指圧療法。その根底には、母を痛みや辛さから解放し、楽にさせてやりたいという祖父の思いやりの心がありました。指圧讃歌の一節に「指圧の心 母ごころ おせば生命の泉わく」とあるように、指圧は「指でおす」ことにより全身の疲労を取り除くと共に、新陳代謝を促し、人間が生来持つ自然治癒力を引き出す効果があります。

治療にあたり、私が最も大切にしていることは、患者さんと向き合う『心』です。「診断即治療」という指圧の真髄に触れる為には、「心の凝り」すらも母指により解すことが肝要だと思います。

この様に、心身ともに治療する指圧がもつ可能性には、海外からも大きな反響があります。日本の国際発展の流れに先行し、早くから『SHIATSU』が世界の共通語として認知され、また年々その広がりをみせていくのもその現れでしょう。

こうした指圧療法により、皆様の健康維持へ寄与するとともに、国際貢献の役割も果たしていきたいと思います。


大澤 おおさわ


長濵 ながはま


嶋﨑 しまざき


柴田 しばた


横塚 よこつか


魚住 うおずみ


竹内 たけうち


北村 きたむら


中村 なかむら